当治療院では、身体のバランスチェックとお腹の触診、圧痛のチェックは必ず行います。

オステオパシーでは、内臓の硬さや圧痛点のチェックにより腰椎、胸椎や骨盤の奥の筋肉(腸腰筋など)の問題を探します。

日本の鍼灸や漢方は、腹診を非常に重要視していました。

腸は第2の脳といわれることもあり、腸脳相関というのは今後さらに研究が進む分野だと思います。

実際にお腹の触ってみて、押すと痛い、硬さがある、左右非対称などあれば

不調の原因になってるかもしれません。