今朝、テレビを見ていると産後うつについてやっていました。

孤立した子育て環境などの要因で増えてきており、自殺してしまう方も少なくないようです。

もちろん、環境的な要因も大きいとは思います。

では、オステオパシー的にはどう考えるか?

やはり、産後の骨盤の影響が大きいです。

出産時、胎児が産道を通れるようにホルモンが分泌され

骨盤下部を開きやすくするように仙骨が前側に倒れた状態(ニューテーション)

になります。

仙骨には硬膜が付着しており、仙骨が前屈で固定されてしまうと

硬膜を介して頭蓋骨を下方に牽引してしまうので、

動きの制限をつくり脳脊髄液の流れも低下させてしまいます。

頭蓋骨の制限は精神的な問題と非常に関わりが深いので、

関連する部位は必ず治療されるべきです!

健全なる精神は健全なる身体に宿る!

心の問題も身体をしっかり見てあげましょう!!

OMT-LAB オステオパシーラボ 整体 勝どき 代表 山崎悟志

※上記の内容は、AOA(アメリカオステオパシー協会)学会の講義で発表されたないようで、
 日本オステオパシー学会からの情報提供です。