前回、ブログに書かせていただいたカウンターストレインという治療が

発見された時のことを書かせていただきたいと思います。

この治療を発見されたのはアメリカのオステオパシー医、ロレンスHジョーンズ氏です。

ジョーンズ先生は、当時30代のひどい腰痛で悩んでいる男性を診ていました。

彼は、4カ月以上もひどい痛みがあり、夜も15分おきに目が覚めてしまっていたようです。

ジョーンズ先生は、色々な治療を試したようですが、効果がなく匙を投げる寸前だったようです。

そんな時、患者さんが「夜ゆっくり寝られれば、先生の治療が効くような気がする」と

言っていたので、患者さんと2人で楽に寝られる姿勢を、20分ぐらいかけて探したようです。

その姿勢は、椅子やクッションなどを使って作った腰を丸めた

見た目にはとても窮屈そうなものだったようです。

しかし、患者さんはその姿勢がとても楽だというので、折角なのでその姿勢で

しばらく休んでもらったそうです。

そして、1人治療を終えて戻り、その患者さんをゆっくりと元に戻すと

今まで苦しんでいた腰痛がほとんど良くなっているとの事!

これは、前回説明したお腹側の圧痛点(テンダーポイント)を緩める

姿勢に自然となっていたようです。

その経験からジョーンズDOは、この現象を研究しカウンターストレインという治療が完成しました。

今や内臓、リンパ、脈管などへ治療範囲は広がり、さらに進化し続けています。

効果的で、楽な姿勢で行えるソフトな施術を是非、体験しに来てください!

OMT-LAB オステオパシーラボ 整体 勝どき 代表 山崎悟志