簡単な身体のバランスを調べる方法を紹介したいと思います。

姿勢の安定性の低下は、首や背中の慢性的な痛みに関わっています。

本当に自分は、歪んでいるか筋力が弱いかチェックする方法は片足立ちです。

方法は、簡単で片足立ちをして反対の股関節を45度、膝を90度曲げます。

問題がなければ、肩や骨盤の傾きは2.5㎝以下でバランスを崩さず15秒間片足立ちができます。

肩や骨盤が挙がってしまうようであれば、関節などが動いていない機能障害の可能性があり、

骨盤が下がってしまうようであれば筋が弱くなっている可能性があります。

次は、目を閉じて片足立ちをします。

20~49歳  24~49秒

50~59歳  21秒

60~69歳  10秒

70~79歳  4秒

バランスを崩さず、上記の秒数を目安に挑戦してみてください。

できない様であれば、姿勢に問題がある可能性が高いです。

症状がなくても、今後出てくる可能性はあるので、是非チェックしてみてください!

OMT-LAB オステオパシーラボ 整体 勝どき 代表 山崎悟志